フォト
2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 2016年 初投稿 | トップページ | ジル、10才になりました♪ »

ジルの病気について

Image1_17 こんにちは

母に代わりましてJilleの病気の説明をさせていただきたいと思います
 今回ジルはGOTという肝臓の数値(人間では現在ASTといいます)がしばらく高く、
胆汁酸の値もあわせて高く、Jille自身も元気がないため精査してきました。
CTやMRIの検査はある程度の時間じっとしている必要があるため、犬猫や小さな子供は鎮静剤を使った上での検査が行われます。
肝臓の精査でもっとも情報量の多いものが造影CTです。この為今回は気管に管を入れて(挿管といいます)人工呼吸を行った上造影剤を用いたCTを撮像されてきました。

 結果的にJilleの長期間に亘る肝機能障害の原因は門脈シャントという病気でした。
人間にはかなりまれな先天疾患ですが、犬には時折見られるそうです。
皆さんご存知の通り動脈からきた血液に含まれる酸素を細胞が消費して静脈から心臓に帰っていくわけですが、肝臓は特殊です。
肝臓は門脈という腸管や脾臓の静脈が集まって出来た太い静脈から栄養をもらっているのです。
この為、門脈には沢山の老廃物や栄養が含まれており、これを肝臓が解毒・分解するわけなんですね。
この門脈が肝臓にいかず、他の血管とつながる=シャントになるとどうなるか?
老廃物や栄養の豊富な血液が解毒分解されず静脈に直接流れそのまま全身にまわってしまいます。
また、本来門脈から栄養を受けている肝臓の血流は低下してしまうため肝臓の発達が悪くなったり痛んだりします。
肝臓は丈夫な臓器ですが、長い間傷め続けられると肝硬変という状態になってしまいます。また、老廃物による肝性脳症という脳にもダメージがくる状態になることもあります。
治療としては物理的にシャント血管を縛る、つまり手術による根本治療と、脳症になりにくくするための内服・食事療法(低蛋白食)があります。

幸いJilleの場合は奇静脈という脊柱管の右側を走行する静脈との間にシャントが起こっており、
細い血管でそちらに流れていく門脈血の量が少なく、肝臓の発達も良好でした。
今回の結果、肝硬変にもなっておらず、シャント量も少ないため経過観察という方針を選びました。
Jilleが最近まったりになったのはおっさんになってきたからかな?
でも、相変わらずみんなとボールを追いかけまわるのは好きみたいです。がんがん遊びにきてあげてください

以上母に代わりまして息子がお送りいたしました。

« 2016年 初投稿 | トップページ | ジル、10才になりました♪ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。かぶらんちです。

ジルさま、大事無くてよかったですね。
でも完治ではないみたいなので心配です。
うちのだいずも同じでしたが完治して元気になってほしいんだけど、
外科手術は相当なリスクのため踏み切るにはいろいろと悩んでしまいまうところですね。

お大事にしてください。

fyuyaさん☆

半田の病院で画像の診断結果を聞くときに
息子が同席してくれました。
外科的に手術をすればシャントはなくなり完治しますよ。
とのことでした。
でも、もうすぐ10歳まで大きな弊害なくこれたのだから
このまま経過観察しようか
と話をしてゆうとは半田で別れました。
ゆうが医学的なことだからBLOGのUPをするよ、と言ってくれ
この週末帰省した際、端的に書いてくれました。

今は食事療法とサプリメントを使用予定。
なんとか元気でいて欲しいです。
ジルは大きな変化は無くそれなりに元気ですよ。
ご心配かけました。
コメントありがとうございます。

ぷちこさん、お久しぶりです。
まるるへのお誕生日コメントありがとうございました♪
本当に嬉しく懐かしく思いました^^

ジルちゃん達の様子は
さくらちゃんや時にはバジルままさんのブログで
元気でいつも楽しそうな姿を拝見していました。
そしたら大変な病気を患っていたのですね。。。
でも大事や手術までとならなくて本当に良かったです。
サプリや薬で抑えられるならひとまず安心ですね。
ジャックは特にずーっと子供のように元気いっぱいなので
これからも元気で楽しく長生きで過ごしていきたいですよね。
まるるも今年はワンドックを受けさせたいと思っています。
また一緒に遊べたらいいなぁ。 ぶちこさんも看病疲れされないでくださいね♡

むしろ食事療法もサプリメントもいらんよ
低たんぱく食なんて食べてみればわかるけどゲロまずで可哀想だし、
そもそも低蛋白食にするのは肝不全・肝硬変の場合のみ
サプリメントを分解するのに肝臓に負担がかかるから逆効果でしょ

あさぴょんさん☆

ホンとお久しぶりです~
まるるくんもいつの間にか9才。
シニアと言われる年齢になってたなんてちょっと驚きです。
ジルは動きが少なくなってきました。
でもそれは年齢のせいだけじゃなかったのかもしれません。
これからもよ~く観察して
元気でいてくれるようにお世話したいと思っています。
まるるくんもお元気でね~

久しぶりにお邪魔してビックリでした。
ひとまず安心とのことでよかったですT_T
元気いっぱいでも、高齢になっていくにつれ色々変化でてきますよね。
ジル君にはいつまでもボールおっかけてもらわねばp(^_^)q

ジル君が安定している様なので一先ず安心しました。
シニアになればいろいろ弊害も出てくるのは
否めないけど、それでも出来るだけ元気で過ごして欲しい
と願わずにはいられません。
このまま病と仲良くしてジル君も
マルクル君やハク君といつまでも元気で過ごして欲しいです

maiuさん☆

今頃の超~遅レスです(激汗)
そうなんですよ。
今さらなんですが
振り返ってみると???と思うこともしばしば
他の子達より電池切れになるのが早いのはこのせいだったのでしょうね。
自分の病気もそうでしたが
なんでも「年のせい」にしちゃぁいけないんですね。
それと心配だったら調べないといけないですね。
今回は精査してもらって私が一番ホッとしました。
年末に血液検査の結果が悪いといわれてからは
どうしたものかと悩み、
正月休みが明けるのが待ち遠しかったです。
でもジルは変わりないですよ。
また遊びに来てくださいね。
楽しみにします。

バジルママさん☆

今更の遅レスでごめんなさい。
そうなんです。
病名が分かった以上、どう付き合っていくか
ということですね。
それでも、あまり今までとは変わりないんですよ。
外科的な処置をしない限り、治る事はないんですもの。
でも、お蔭様で今まで元気でいられたから幸いです。
この先も今までのようにあって欲しいと願っています。
またオフ会を開くつもりです。
遊びに来て下さいね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185006/63173823

この記事へのトラックバック一覧です: ジルの病気について:

« 2016年 初投稿 | トップページ | ジル、10才になりました♪ »