フォト
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

12日のぷちオフ会のお知らせⅡ

Img_3028_r
おはようございます。ジルのお顔長いね(笑)2017.9.20撮影
12日に遊びに来てくださるのは
以下のようです。


1.さくら家   まっちゃんさん、さくらママ、さくらちゃん
2.小島家   小島さん、ママさん(初参加です)フックちゃん、アポロちゃん、チロルちゃん
3.小鐵家  あんじーさん、こてつママ、こてつくん
4.マイティ家 マイママさん、マイティくん
5.尾崎家   パパさん、ママさん、ポージーちゃん
6.fyuya家  ゆうやさん、かおるさん、かぶらくん
7.アンパパ家 アンパパさん、アンママさん、アンちゃん、なつちゃん
5日の夜、突然PCのディスプレイがお亡くなりになってしまい
ご連絡が遅くなりました。

我が家の5人といおり、マルクル、ハクで
12わんず18人と幼児1人 になります。

ジルパパが最近腕を上げたガレットを焼くと言っております。
お天気もまあまあのようですが寒くなるようです。
暖かくしてお出かけくださいね。
お会い出来るのを楽しみにしております。

ジルからのお知らせです~ぷちオフ会 11月12日(日)

Img_3026_r_3

皆さん こんにちは♪(2017.9.20撮影)

ボクは虹の橋を渡ってしまったけれど
これからもこうして登場するのでヨロシクねhappy01
さて、せっかくの週末もお天気の悪い日が多いこの頃ですが
11月12日にぷちオフ会を開きます。
みなさん 遊びに来て下さいねheart04
ボクはお空から
晴れますようにって祈ってるからね。

遊びに来てくださる人は↓にカキコミしてくださいね。
お待ちしてます♪
日時 11月12日(日) AM10:00~
場所 JILLE`S RUN
ジル家 フルメンバーでお迎えいたします。
(パパ、ママ、まう、ゆう、けい、いおり、マルクル、ハク)

遊びに来てくださる予定
さくら家   まっちゃんさん、さくらママ、さくらちゃん
小島家   小島さん、フックちゃん、アポロちゃん、チロルちゃん
小鐵家  あんじーさん、こてつママ、こてつくん
マイティ家 マイママさん、マイティくん
尾崎家   パパさん、ママさん、ポージーちゃん
fyuya家  ゆうやさん、かおるさん、かぶらくん
アンパパ家 アンパパさん、アンママさん、アンちゃん、なつちゃん
HAKU家  はお返事待ち
来られないのは
バジル家、ゆず家
11月3日まででの状況です。
お待ちしております。

ジルの病気。2017秋

久しぶりにBlogをUPします。
前回のオフ会もUPせず、スミマセンbearing

ジル、また体調を崩していますweep

昨年の今頃はジルの自己免疫性溶血性貧血で大変な思いをしていました。
輸血までしてもらってジルは病気と闘いました。
お陰様で11月5日の血液検査結果で寛解と言われ、
年末の血液検査でも安定していたので
「次は春の定期健診時に検査で大丈夫でしょう。」
本当にホッとし無事新しい年を迎えることができました。
ところが春の検診時、先生の顔が一瞬にして曇ったのです。
それぐらい突然、腎臓の数値が悪化していたのでした。
以下はその検査の意味です。
腎臓の機能低下を発見する検査項目

スクリーニング検査の結果が持続的なタンパク尿を示した場合、尿中タンパクの定量に測定を行うことで、腎病変の重症度を評価、治療反応または疾患の進行度の指標となる。

【尿中クレアチニン比で報告している理由】
本来、24時間かけて採取する蓄尿を用いて検査することが望ましいが、小動物において蓄尿は困難を有するため、随時(部分)尿を用いることが一般的である。しかしながらこの場合、尿量の影響(希釈・濃縮)を受けるため、一日の排泄量が一定とされているクレアチニンで割った比を求めることで補正を行い、尿量の影響を除外している
 
高値を示す病態 糸球体腎炎、腎不全、ネフローゼ症候群、糖尿病、多発性骨髄腫、溶血性貧血、 膀胱炎、前立腺炎
つまり
ジルは腎臓の機能が悪化してきていて
そのために「高齢のイヌやネコにしばしば見られる心不全や腎不全の治療薬」
Fortekor(フォルテコール)2.5mg
それとビオフェルミンを飲んでいました。
9月2日のシスタチン-Cの値は改善されていたので
このまま治療を続けましょうと言われました。

それがこの金曜日、15日朝に突然の嘔吐。
仕事の合間に様子を見に帰ると
あの震え。
これは只事ではないと、土曜日の朝一番に病院へ行きました。
16日の血液検査
前回より血中タンパク質量が低下
アルブミンも低下
尿素窒素(BUN)は高くなっていました。
腎臓の機能が低下しているであろうという結果です。
ただ門脈シャントのある肝臓の数値だけは
悪くありませんでした。
詳しく原因を調べるためにCTを撮るのは
人であれば容易かもしれませんが
ジルの場合、そのための麻酔がリスクだということです。

現段階では
対処療法しかない状態です。

唯一嬉しいのは
(いいことなのかどうかわかりませんが)
ボール遊びをしたいと言った事。
Jille‘S RUNに出て私に「遊んで~」と誘ってくるのです。
こんなにしんどそうなのに
吐き気もあって気持ち悪いがために
気を紛らしたいのでしょうか?

明日も病院へ行きます。
少しでもジルが楽になれますように。。。
長々と書きました。

ぷちオフ会のお知らせ&またまた悲しいお知らせ

☆ぷちオフ会のお知らせ☆
 5月21日 (日) 10:00~
 JILLE‘S RUN にて
遊びに来てくださるのは
 だいずかぶら家      かぶら君 fyuya夫妻
 さくら家           さくらちゃん まっちゃんさん、さくらママさん
 mighty家         マイティ君 マイママさん
 アン・なつ家       アンちゃん なつちゃん パパさん、ママさん
 こてつ家         こてつくん あんじーさん こてママさん
 リース・ポージー家   ポージーちゃん おざきパパさん、おざきママさん
 HAKU家         HAKUくん HAKUパパさん HAKUママさん
 ポパさぃ家        ポパイちゃん さぃくん バジルママさん パパさん(?)
 ゆず家          妹ちゃん Maiuさん
ご連絡いただいてるのはこれで間違いないでしょうか?
我が家は わたしとジルパパ
       まう
       ゆう&けい&おとうと(いおり)
久しぶりに賑やかになりそうです。
暑くなりそうなので、みなさん 暑さ対策をよろしくお願いします。
さて
次はまたまた悲しいお知らせです。
昨年遊びに来てくれたファンタくんが 5月6日に虹の橋を渡りました。
以下 ファンタ家からのメールです。
こんばんは。
5/6の午前10時過ぎに
ファンタが亡くなりました。
14歳と1か月でした。
5年前に胃がんを克服したものの、
2、3年前からIBD、アジソン病と2つの持病をかかえていました。
IBDの方が悪化してしまい、この4月は毎日病院に通っていました。
食欲もなくなってしまい、体重も半分にまで減ってしまっていたのです。

GW中だったので、私たちふたりで看取ることができました。

昨年のプチオフ会が懐かしいです。
その時の皆さまにもよろしくお伝えください。
楽しい思い出をありがとうございました。

皆さんに見てもらいたいので、
元気な頃のファンタらしい表情の画像を添付します。


   ○井 清樹
    恵
  ファンタ


Fanta_1

Fanta_2

ファンタくんは今頃 先にお空に上ってしまった
リックやぷーちゃん
バジルくん 
だいずくん
ゆずちゃん
リースちゃんと遊んでるかな?
まだジルたちと遊んで欲しかったなweep





  PS.ゆず家 オットさんも参加できるそうです。
賑やかになりそう~

GWが終わっちゃいましたね~&ぷちオフ会のご連絡。

皆さんはどんなGWでしたか?
私はそれなりに充実していましたが
ジル達はちょっと不満だったかも?

4~5日と人間の弟が遊びに来ていて
ハクはすっごく遠慮していました。
Img_6833_r_2
Img_6830_r
わんず以外に4本足の人がいますねcoldsweats01
Img_6821_r
初バーベキューを体験しました。
しばらく「初」が付いて回るんだね(笑)
ジル地方では桃の節句も端午の節句も旧暦。
なので初節句のお祝いはまだしていません。
お節句のころにはもう少し人らしい動きになってるかな?
☆ぷちオフ会のお知らせ☆
 5月21日 (日) 10:00~
 JILLE`S RUN にて ぷちオフ会を開きます。
 現在遊びに来て下さるのは
5月7日現在
 だいずかぶら家  かぶら君 fyuya夫妻
 さくら家       さくらちゃん まっちゃんさん、さくらママさん
 mighty家     マイティ君 マイママさん
 アン・なつ家   アンちゃん なつちゃん パパさん、ママさん
 こてつ家      こてつくん あんじーさん こてママさん
リース・ポージー家 ポージーちゃん おざきパパさん、おざきママさん 

 お返事待ち
 
HAKU家
フック家
ポパイ、さぃ家
 
となっています。
ジル家はゆうたち家族とまうも参加します。
当日が良いお天気になりますように。。。
また 近況をお知らせしますね。
あ~あ また明日からお仕事頑張らなくっちゃhappy02
 
 

ジルからのお知らせPARTⅡ~ぷちオフ会開きます

Img_6745_r_2

ボクはこんなふうに元気に走ったりできるようになったよ。
リースちゃん ずっとお病気でお薬もたくさん飲んでたとかって聞いてた。
でも、ボクが病気の時
ママさんがカラダにいいからって
鹿肉のジャーキーとか、
行くはずだったベアーズ・ポウさんのおみやげだよって
いっぱいもらった。
去年の秋のぷちオフ会はお天気があまりよくなくて残念だったから
この春にはまたきっとリースちゃんとも遊べるだろうって思ってたんだ。
ほんとうに淋しいね。。。
ではリースちゃんのお写真をUPします。
040_r
ここにはだいず君もいるね。
2015.5.10
018_r
023_r
ジルにキックされてる(笑)
でもこの後
024_r    
こんどはボクが逆襲された(笑)
2014.11.24
060_r
2014.5.18
69_021_r
69_023_r
2013.5.12
リースちゃん 何回も遊びに来てくれてありがとう。
またいつか空の上でいっしょに遊ぼうね。
だけどまだまださきのことだと思っててね。
ボクはまだみんなとこちらで遊びます。
ぷちオフ会のお知らせ
 5月21日(日) 10:00~
 JILLE`S  Runにて
 
遊びに来てくれる友達は
↓にカキコミしてね。
マルクル&ハクと待ってま~すheart04

ジルからのお知らせです~ぷちオフ会(5月21日)

Img_2376_r

みなさん、こんにちは。
ボクのことでは随分ご心配をおかけしましたが
こんなに元気にしています。
今日はボクのことではなく
お友達のリースちゃんのことです。
リースちゃんは
3月30日、急性肝炎で
突然虹の橋を渡ってしまいましたweep
去年の秋のオフ会でもボクと遊んでくれてたのに
本当に悲しいです。
リースちゃんって
ボクのこと気に入ってくれてたのかなぁ
ママがリースちゃんのお写真探したら
結構同じようなのがあったんだって。
ベアーズ・ポウさんへもいっしょに行ったよね。
リースちゃん
先に虹の橋を渡ってしまった
バジルくんや
だいずくん
そしてゆずちゃん
リースちゃんは会ったこと無かったかもしれないけど
ボクのおにいちゃんリックやおねえちゃんのぷーちゃん
みんなとそちらで仲良く遊んでください。
ボクはまだこちらにいるけど
いつかそちらに行ったらまた遊んで下さいね。
リースちゃん 今まで仲良くしてくれてありがとうconfident
Img_6592_r
2016.11.27
Img_6605_r
ハクにも挨拶してくれてたね。
Img_6385_r
Img_6390_r
2016.5.15
まだまだUPしたいのに
写真が大きすぎたのかエラーになっちゃうので
今日はここまで
続く。。。

ジルの病気~寛解 & ぷちオフ会のお知らせ

Img_1688_r
今晩は~
ご報告が遅くなりましたが

11月5日の血液検査の結果
治療を終了(寛解)、経過観察で良いことになりました。
先生からのお許しも出たので
11月27日にぷちオフ会を開きます。
遊びに来てくださる方は
↓にカキコミしてくださいね~
現在 
fyuyaさん かぶくん
小島さん フックくん
おざき家さん リースちゃん&ポージーちゃん
が遊びに来て下さいます。
ハクの弟くんも参加予定です。
皆さん お待ちしております。

ジルの病気~その後。

Img_1690

今日は文化の日です。
この頃忙しくて風邪もひいていたので
3わんずとのんびり過ごしています。
ご心配かけたジルですが
随分元気になりました。
次の5日土曜日にステロイドを止めてからの血液検査をしに行きます。
結果が良いといいなぁ。
先生にお尋ねして問題なければ
11月中にオフ会を開けたらいいのになぁ
と思っています。
まだ分かりませんけどね。
またご報告します。

ジルの病気 続き

ジルの病気についてです。

8月27日にまうとゆうが帰って来ました。
お嫁ちゃんのKちゃんとゆう‘sベビーは実家に帰っていたので
BBQをしました。
いつもは焚き火鉢の側に来て、
みんなの食べているものをおねだりしたりするジルが
少し震えてだるそうにしていました。
何か変でした。
椅子に座らせたりしていましたが、それも辛そうだったので部屋で休ませました。
お昼間にゆうと水遊びやサッカーボールでいっぱい遊んだから疲れちゃったのだろうか?
という事になりましたが、今思うとこの異変に気づいてすぐに治療が出来れば
少しはジルが楽だったかと思うのですが、
何せ土曜日の夜の事、きっと大したことではないだろうと軽く考えていました。
そして次の日曜日は
予定通り3人で呑気に下呂温泉 水明館の日帰り温泉に行きました。
_r
まうは飛騨牛のお寿司とお蕎麦、
ゆうと私は朴葉味噌など飛騨ならではお料理を食べました。
食後のデザートをゆっくりいただいてから、帰路に付きました。
1_r
行きは中津川の方から回ったので
下呂温泉の少し北にある禅昌寺に立ち寄り、久しぶりの41号線で帰りました。
フルーツ大福で有名な養老軒で
夏限定トロピカルフルーツ大福を買うこともでき、とても幸せな時間を過ごせました。
ところが帰るとどうにもジルの様子が変です。
カラダがだるそうなんです。
でも日曜日、明日こそ病院に行こうね、という事になりました。
8月29日の月曜日です。
仕事の都合もあり、夕方になってようやく受診。
でもこれといった症状は見られず、
ちょっとしたお腹のお薬をもらっただけで帰りました。
31日の朝、もしや血尿?という色のオシッコだったので
再度受診、血液検査の結果からはまだはっきりと溶血の症状はなく
レントゲンの結果で異物を食べてしまっているのでもなく
「今回はお腹を切らないで済みそうですね(笑)」
と先生から言われ、ホッとして帰ることが出来ました。
ところが9月1日の朝、びっくりするような赤い血尿をしたので受診したところ
溶血になっていて
赤血球の数値も血小板の数値も急に下がってしまいました。
昨日に続きリンゲル液の点滴とステロイドの注射をされました。
最初の診断は溶血性貧血
ハインツ小体性かも?
大量のリンゲル液で毒素をカラダの外に出せば良くなるでしょう
とのことでした。
それであれば3~4日に予定していたお出かけもなんとか出来るかな
と少し安堵し、
ジルのためにカートを購入しました。
ところが
3日の夜あたりから
ジルは眠る事が出来なくなり、ほとんど1時間置きぐらいに
オシッコをしました。
呼吸も苦しそうで、グッタリしています。
お腹には赤い斑点のようなものも出てきました。
苦しいためか、食欲もほとんどありません。
これではどんどん衰弱してしまいます(涙)


どうにも改善が見られず
ジルの血液はどんどん少なくなっていきました。
先生もあまりの急激な血液減少(血小板と赤血球の減少)に疑問を持たれ
ひょっとしてバベシア症の可能性も考えてみます。
という事になり検査をしてもらいました。
3,4日は本当にジルも苦しそうで、紫斑も出てしまい
見る方も辛くなって来ました。
私も段々食欲が無くなってしまいました。
5日の月曜日、赤血球容積が21まで下がっていて
20を切ると輸血の必要性も出てくると言われました。
供血してくれる元気で大きいわんちゃんにはお願いしてあります。とのこと。
ただ型が合うわんちゃんがいるかどうか分かりません。

6日に3頭のわんちゃんを検査してくださったところ
なんとか大丈夫なわんちゃんがみつかりました。
ただ6日のジルの血液検査結果が、前日と横ばいだったので
もう1日だけ様子を見ることになりました。
7日水曜日
赤血球数が前日265が243に下がってしまい
とうとう輸血することになりました。
輸血後、血小板数値は良くなりましたが
一向に血液が減るのは止まりません・
バベシア症の検査は陰性でした。
いったい何がジルの血液を壊すのでしょう???
8日、9日
ステロイドの注射、
週末に治療はできないからと
10日の土曜日からコルチコステロイド(プレトニゾロン)15mgを朝晩の2回
1日で30mg、かなりの高量らしい
ただ注射ではなく
内服での治療と聞くと
それだけで、まだジルは頑張れるんだな
と少し嬉しかったです。
12日の月曜日の検査結果
ようやく溶血の軽減が見られ
血漿の色調が少し黄色に変わったのは嬉しい結果。
でも一方で、GPTやALPの値がどんどん悪くなっていて
そのせいかジルはだんだん立ち上がるのも辛そうになってしまっています。
食欲はその日によってムラがありますが
全体的には落ちてきていて心配です。
コルチコステロイドは1日に15mgになりました。
15日、17日と血小板の数値は輸血のおかげで
少し安定していますが、
肝臓の数値がどんどん悪くなっています。
強いステロイドのせいでしょうが
一般的にはここまで急激に悪くはならないそうです。
明日(19日月曜日)からステロイドは1日10mgに減らし
肝臓に負担を下げる事になりました。
門脈シャントの外科治療をしなかったことが
こんなに早く影響してくるとは思いませんでした。
Img_1490_r
Img_1494_r
奇跡的にパパの「おやつだよ」の声に反応して起き上がったジル。
いつもはぐったりと横たわっています。
Img_1482_r_2
少しでも早く元気になれることを祈るばかりです。
私は体力を温存して
ジルと一緒にがんばれるようにします。
皆さん 応援してくださいねshine
以下は参考まで

免疫介在性溶血性貧血

【原因】
赤血球表面に免疫抗体が結合して赤血球が破壊されるために起こる貧血.自分の赤血球そのものに免疫反応が向けられた場合と(自己免疫性溶血性貧血),赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して免疫反応が起こっている場合がある.どちらも結果は同じで,赤血球の表面に抗体という免疫物質が結合することになる.そのような赤血球は脾臓や肝臓で破壊されたり,あるいは血管の中を流れながら破壊され,その結果貧血となる.

【症状】
2-8歳の犬に多く,雌では雄の3-4倍の発生率である.最初に気づく症状は,寒がる,食欲不振,落ちつきがない,運動時疲れる,脱力,ぐったりなどあまりこの病気だけに特徴的なものとはいえない.歯茎が白っぽい,白い犬で皮膚のピンク色がなくなるなども重大な貧血を表すサインである.まれに赤色尿や黄疸もみられる.また消化器症状(嘔吐,下痢)がみられることもある.また一部は免疫介在性の血小板減少症と一緒に発生するため,粘膜や皮下の点状出血を示すこともある.

【治療】
抗生物質投与,感染,腫瘍などに引き続いて起こるものと,原因不明で起こるものがあり,原因不明のものがおそらく真の自己免疫性と考えられる.原因があればそれを除くが,同時に免疫抑制剤を使った治療を行う.すぐに改善傾向がみられない場合は複数の薬を使ったり,輸血を行うこともある.ただしこの病気の犬では適合血がなかなかみつからないことも多い.非常に急性のものは救命率は低いが,通常のものでは回復するものが多い.ただし慢性化して完全に貧血が治らないものも中にはある.
PageTop

ハインツ小体性溶血性貧血

【原因】
これも赤血球が破壊されることによる貧血で,原因の代表的なものはタマネギであるため,タマネギ中毒ともよく呼ばれる.しかしながらタマネギ以外にも,アスピリン,アセトアミノフェンなど風邪薬の成分が同じ貧血を起こす.赤血球の中のヘモグロビンが変性を起こしたり結晶化して,赤血球が破壊される.

【症状】
貧血は原因物質の摂取後数日で起こることが多い.数日のタイムラグがあることから,原因と結びつけるのが困難なこともある.中等度の貧血に関連した症状,すなわち食欲不振,脱力,粘膜蒼白,などがみられる.赤色尿がみられることもある.人間の食べ物(カレー,すきやき,ハンバーグなど)でタマネギが入っていなかったか,人間用の風邪薬をのませていないかなど注意が必要.

【治療】
通常は原因物質を取り除けば治療となる.貧血が激しい場合には輸血も行われることがあるが,赤血球を作る方には異常がないので,あまり必要とならない.薬物中毒の場合には,別の薬物を投与して治療を行うこともある.
PageTop

バベシア症

【原因】
バベシア・ギブソニと呼ばれる赤血球上に寄生する,小型の寄生体が原因の,赤血球の破壊にともなう貧血.わが国では九州から本州は青森まで分布しているが南・西日本に比較的多い.別のバベシア・カニスと呼ばれるものは沖縄だけに存在する.ダニが媒介するといわれているが,その他闘犬にもよく発生するので,けんかや出血をともなう傷も感染の原因になるのかもしれない.

【症状】
劇症のものと軽症のものでは症状が異なる.劇症では発熱,元気消失,食欲廃絶,虚脱(倒れる),赤色尿,黄疸などがみられる.軽症あるいは慢性のものでは発熱,元気消失,食欲不振がみられる程度である.

【治療】
血液検査で寄生体が確認されれば,貧血に対する補助治療とあわせてバベシアに対する薬物治療を行う.薬物は急速に寄生体を死滅させるものではないが,数を減らし犬自身の免疫が感染をコントロールできるようにする.ただし回復しても犬は無症状のキャリアー(保菌動物)になりやすい.

«ジルの病気